接客コンテストの撮影とDVD制作

昨年お声がけいただきました、カレーハウスCoCo壱番屋を運営する日本のカレー専門店チェーン最大手の株式会社壱番屋より、今回も、接客コンテストの撮影とDVD制作のご依頼をいただきました。

接客コンテストの目的について

株式会社壱番屋様では、店舗のサービスレベル向上を図るため接客コンテストをされていて、コンテストは、様々な接客シュチュエーションの問題が設定されその中で、いかにマニュアルを把握し、かつホスピタリティあふれる折角ができるかが審査されます。
いつもの力が出せず悔し涙を流したり、出場者の思いは様々ですが、多くのことを学び合える場となります。

打合せは電話とメールでスムーズに完了

窓口の担当者の方の方が、大変機転がきく方で、お電話とメールでのやり取りでスムーズな打ち合わせができました。
当日早目に会場に行き、リハーサルを見させていただく事が出来ましたので、その内容を見て撮影方法を、再度調整することができました。

制作の流れとしては

1)まず開催される場所、会場名、日程をご連絡いただき日程を確保します。

2)撮影方法、DVDの予定枚数を簡単にお聞きしてお見積りさせていただき合意。

3)今回、音響や照明は、会場側の担当者の方がされるとお聞きしましたので、いくつか依頼と質問項目を箇条書きにして、撮影がスムーズに運ぶように、メール等を使い打ち合わせを行いました。

4)前日の下見は出来ないとのことでしたので、当日会場に入れる時間をお聞きして、早目に会場に到着。

5)当日、ご依頼者と、音響や照明を担当される会場側の担当者の方に挨拶して、撮影セッティング、撮影。

6)撮影したデータをもとに編集作業をして、WEB上で編集内容を確認していただきます。(主にお名前の間違いは要注意)

7)DVDのパッケージ等を制作し、メールなどで確認いただきます。(主にお名前の間違いは要注意)

8)時間があれば、試作品を作成し発送・ご確認

9)DVD制作(コピー・ケース作成・シュリンク包装)※パッケージの見栄えも大切だと思いますので透明のフィルムでシュリンク包装をします。

10)納品・代金のお支払

はじめてのご依頼いただく場合は、過去の開催を記録した動画などがあれば、どのように撮影編集していくかの参考になります。

今回の会場は、さん太ホール(山陽新聞社)での開催でした。
DVD制作の目的は、各店舗での教育に活用されたり、出場者の記念品としてご活用いただけるようです。

ご依頼いただきましたのは
(株)壱番屋様(CoCo壱番屋様)

この度も、ご依頼頂きありがとうございました。

この記事を書いた人

浦上 佳久
有限会社あいぷらす 代表取締役 浦上佳久
中小企業の動画を使った集客支援や、医療セミナー学会の撮影・DVD制作支援を行う。
2005年よりビデオ(動画)のビジネス活用に可能性を感じ、試行錯誤を重ねながら自ら実践してきました。最近では、スマートフォンや、タブレットの普及に加え、自宅のテレビでもYOUTUBE等の動画を観る行為が、小さなお子さんから、高齢者の方々まで、生活の一部となっています。
動画を活用すれば、時間と距離の障害を取り除くことも容易にできますし、動画を何度も見ていただければ親近感がわきます。もしもPRしたいことがあるなら、あなたの分身となり365日24時間ほぼ無休(無給)で働いてもらうことも可能です。
動画を営業活動に活用することも可能です。その場合は、お客様は、事前にあなたの会社の理念や、商品についても理解してくれた上で、お会いすることになりますので、ミスマッチを防ぐことにもなりますし、あとは 手続きをするだけという状態になります。動画の活用を考えているけど何からすればよいのか解らない方、ビデオ撮影や編集、DVD制作等で、お悩みの方がいれば力になります。