フォトムービーを作れますでしょうか?

「フォトムービーを作れますか」というお電話をいただきました。
「はい。作れますよ。」とお話ししたのが、今回のご依頼のスタートでした。

簡単にお電話で、ご希望を聞かせていただいたのですが、やはりイメージが掴めず、学校に伺いまして、直接お話をお聞きすることにしました。

卒業式当日、生徒に記念品として贈呈するDVD

学校に到着すると、4名の教職員の方がお待ちいただいていました。

内容をお聞きすると、高校生活の中で、非常にたくさんの学校内の行事の写真を撮影されており、この写真を全部プリントするわけにもいかず、何か良い記念にならないだろうかとの話になり、昨年度はじめて、それらの写真をまとめて、担任の先生から、生徒一人一人にメッセージを添えたDVDを製作されたとのお話をお聞きしました。

生徒さんは、そのDVDを受け取られて、相当感激されたようで、今年もやろうという話になったそうです。

昨年は、その作品を、動画編集に長けた先生が、お一人で編集されたらしいのですが、相当お時間がかかり、他にも業務がたくさんあるため、業者に任せようという話になったのだとか。
念のため、昨年作られた作品を、持ち帰り拝見しましたが、たしかに編集をする私から見ても、相当ボリュームもあり、生徒を知っている先生自身が作られたわけなので、生徒への愛情を感じられました。

そこからのスタートなのですが、納期は卒業式の3日前まで。
ご依頼いただいた日から、卒業式までは、凄くタイトな日程でした。

しかしながら、窓口になってくださった先生が、3つの科の担任の先生の取りまとめ役をしてくださいまして、すごくスムーズに進行いたしました。

フォトムービー完成までの工程

学科が、3つありましたので、DVDは、各科毎に3シリーズ作成することになりました。

※まず、以下の流れのマニュアルを作成し、担任の先生にご理解をいただきました。

1)1年生から、3年生までの大きな行事ごとに、見栄えのする写真を選び出しをお願いしました。

2)生徒一人一人に、メッセージをいれるために生徒がアップで映った写真を選んでいただきました。

3)面倒ですが、その写真をグループ毎に、ファイル名を数字に変えてもらい、ご用意したシートにパソコンで、コメントや、生徒へのメッセージを書いていただきました。

4)ファイル・資料をお預かりする

5)試作品を視聴頂く。

6)特に生徒の名前と、メッセージに差異がないかどうかが大切なので、ご確認いただきました。

7)並行して、DVDのケースの外装デザインを、各科毎に制作しました。

8)動画データ・外装のOKがでましたら、当社ですべて、生徒に配布する数量+αを製作いたしました。

DVDも制作枚数が増えるとコピー作業も大変になるので、弊社のデュプリケーター(大量のDVDをコピーする機器)がフル稼働しました。

納品後ご感想をいただきました

無事納品も完了し、卒業式が終わった後、担任の先生から、生徒と一緒に視聴して涙しました・・
生徒もすごく喜んでくれました・・とメッセージをいただき、本当にご縁をいただきよかったと感じました。
ありがとうございます。

創志学園高等学校様

この記事を書いた人

浦上 佳久
有限会社あいぷらす 代表取締役 浦上佳久
中小企業の動画を使った集客支援や、医療セミナー学会の撮影・DVD制作支援を行う。
2005年よりビデオ(動画)のビジネス活用に可能性を感じ、試行錯誤を重ねながら自ら実践してきました。最近では、スマートフォンや、タブレットの普及に加え、自宅のテレビでもYOUTUBE等の動画を観る行為が、小さなお子さんから、高齢者の方々まで、生活の一部となっています。
動画を活用すれば、時間と距離の障害を取り除くことも容易にできますし、動画を何度も見ていただければ親近感がわきます。もしもPRしたいことがあるなら、あなたの分身となり365日24時間ほぼ無休(無給)で働いてもらうことも可能です。
動画を営業活動に活用することも可能です。その場合は、お客様は、事前にあなたの会社の理念や、商品についても理解してくれた上で、お会いすることになりますので、ミスマッチを防ぐことにもなりますし、あとは 手続きをするだけという状態になります。動画の活用を考えているけど何からすればよいのか解らない方、ビデオ撮影や編集、DVD制作等で、お悩みの方がいれば力になります。