医療セミナー市民公開講座・岡山・川崎医科大学総合医療センタービデオ撮影編集

川崎医療大学総合医療センターにおいて、市民公開講座の撮影をさせていただきました。
岡山芳泉高校同窓生による市民公開講座。
撮影と編集をさせていただいた後は、YOUTUBEにも掲載して、多くの方に観ていただくことが目的です。

主催者様が公開された動画を、共有させていただきました。

医療系のセミナー撮影で弊社が注意している点

多くの医療系セミナーの場合、演者が演台に立ちパワーポイントを操作しながら、講演をされる場合が殆どです。
当然会場は暗くなりますので、スクリーンに投影されたものをビデオカメラで撮影しようと思っても、鮮明に撮影できません。

こうなると、手術や医療機器を使用しているシーンなどで動画等が使われるケースの場合、演者がどこを挿して話をしているのか、解らなくなったり、後でパワーポイントのファイルや、動画素材を預かって、こちらで編集しようとしても、医療知識がない為、的を外した編集になってしまうケースがあるので、その対策として、弊社では、専用機器を使い、プロジェクターに投影されるものと同じデータを会場と交渉しそのまま鮮明な映像として録画させていただくことにしています。

今回の撮影方法

ビデオ台等はございませんでしたので、脚立を利用して、遅刻者や、カメラの前を横切られることのないように、高所から撮影させていただきました。
また、会場からの音声ラインが取れなかったため、無線マイクを許可を得て使用しました。

制作の流れとしては

1)まず学会の場所、日程をご連絡いただき日程を確保します。

2)撮影方法、撮影後の活用方法を簡単にお聞きしてお見積りさせていただき合意。

3)撮影がスムーズに運ぶように、メール等を使い打ち合わせを行います。
セミナー会場見取り図

4)学会前日に、なるべく会場の下見を行い機材に設置などの確認をします。

今回の場合は、市民公開講座という特性上、商用ではないため、すべてボランティア運営で、医師の方が自ら、様々な役割を分担されていましたので、会場の下見等も、業者が入れず、窓口をされている事務局の先生に写真等を撮影いただき、状況をメールでやりとりしていただきました。

5)当日、会場を運営される方に挨拶して、撮影セッティング、撮影。

6)撮影したデータをもとに編集作業をして、WEB上で編集内容を確認していただきます。(主にお名前の間違いは要注意)

7)データ確認のOKが出ましたら、WEB上でデータを納品させていただきます。

8)お客様でTOUTUBEにアップロード。

9)代金のお支払

市民公開講座・芳医会様|川崎医科大学総合医療センター

今回は、岡山県岡山市での開催でした。
会場は、川崎医療大学総合医療センターでした。

この記事を書いた人

浦上 佳久
有限会社あいぷらす 代表取締役 浦上佳久
中小企業の動画を使った集客支援や、医療セミナー学会の撮影・DVD制作支援を行う。
2005年よりビデオ(動画)のビジネス活用に可能性を感じ、試行錯誤を重ねながら自ら実践してきました。最近では、スマートフォンや、タブレットの普及に加え、自宅のテレビでもYOUTUBE等の動画を観る行為が、小さなお子さんから、高齢者の方々まで、生活の一部となっています。
動画を活用すれば、時間と距離の障害を取り除くことも容易にできますし、動画を何度も見ていただければ親近感がわきます。もしもPRしたいことがあるなら、あなたの分身となり365日24時間ほぼ無休(無給)で働いてもらうことも可能です。
動画を営業活動に活用することも可能です。その場合は、お客様は、事前にあなたの会社の理念や、商品についても理解してくれた上で、お会いすることになりますので、ミスマッチを防ぐことにもなりますし、あとは 手続きをするだけという状態になります。動画の活用を考えているけど何からすればよいのか解らない方、ビデオ撮影や編集、DVD制作等で、お悩みの方がいれば力になります。